2012年12月28日金曜日

Santiago Peak Antenna Hike - Dec. 27, 2012

Today is the day I've been looking forward to...my first Antenna Hike to Santiago Peak.  Santiago Peak is not Kirimanjaro, not even Mt. Whitney, but it is still Orange county's highest peak with elevation 5,680ft (1733m). I've been to Zion National Park and Yosemite National Park hikes before, but Santiago Peak was my biggest challenge as for the height and the distance.

今日は、念願のサンティアゴピーク、アンテナハイキングの日。
キリマンジャロ、マウントウィットニーとは比べものにはなりませんが、オレンジ郡では標高1733メートルの一番高い岳。 ザイオンやヨセミテ国立公園でのハイクの経験はあるものの、私にとってサンティアゴピークは、標高と距離の意味で今までにない大チャレンジとなりました。

My friend Suzi and I decided to take Holy Jim Trail which probably is the most scenic route to the top.  After almost 5 hours of long hike on zigzag steep slopes under the hot sun, jumping over little creeks, walking under the freezing tree shades on the frozen ground, we made it to the top. To avoid hiking in the dark after the sunset, we rested only 3 minutes and started to head back. 

友達のスージーと、景色が最も素晴らしいと言われるホーリージムTrail をハイクすることに決定。
5時間という長~いハイクの末、やっと頂上に到着。途中、太陽の暑い日ざしの下での急なジグザク坂登り、小川も幾つ飛び越えたことだろう...、凍った路上で滑るのではとヒヤヒヤしながらの、凍えてしまいそうなくらい寒い木陰のハイク、やっとアンテナの立ち並ぶ頂上まで登れました。
暗くなるまでに麓に戻ろうと、頂上での休憩時間は3分ほどで、下山することにしました。

Mountain Lion Foot Prints

 
 
 
 
video

 
 

I though I would never get to the top, but I did.  What a beautiful day it was for it's perfect hiking weather and my accomplishment! Yappi!
家の裏庭から、見えるサンティアゴピークは、雲の上のような存在。いつもは目を細めて、やっと位置を確認。そんな遠くにハイク出来るかな~とずっと思ってきました。今日それが実現できてとっても嬉しい!  達成感がハートいっぱいに満ちる素敵な一日となりました。 ヤッピイ~!





















2012年12月27日木曜日

冬にスノーアイス(かき氷)?

 今日バックヤードハイクの後、ハイキング仲間とランチすることに。 場所は、アーバイン市の Class 302に決定。 ポークチョップとスノーアイスが美味しいと噂の、台湾料理のレストラン。
レストランのインテリアは、正にその名の通り3年2組の教室をそのまま設定。黒板に今日の授業内容が書かれ、壁には世界地図や化学実験用の試験管などまで飾られています。

予 想通り、ポークチョップのお弁当ランチを注文。寒い季節にぴったりのピリ唐ビーフヌードルも頂いてみることに。大当たり!  ポークチョップの衣もフワフワ、フサフサで、中の豚肉は軟らかくジューシー、味付けも癖があんまり無く、美味しい! 高菜とソボロの乗っかったご飯と、鶏肉、キャベツ、マッシュルームを煮込んだサイドディッシュも付いてきて、なんとお値段7ドル50セント。お得のランチ セットでした。ピリ唐ビーフヌードルも軟らかく煮込んだ大きいお肉が乗っかったスープヌードルで麺もきしっと締まっていて美味しい!

勿論デザートは、スノーアイス。 抹茶味のアイスを削ったかき氷に、トッピングを5つ加えて6ドル50セント。 トッピングは、練乳、小豆、スイートマンゴ、キャラメルプリン、アロエを選択。 美味しいの一言! そして笑顔。この後は、お家帰ってお昼ねがいいな~。
Taiwanese Pork Chop Bento Lunch

Spicy Beef Noodle


2012年12月26日水曜日

クリスマス モーニング

 クリスマスの朝がついに来ました。 Let's open the presents! と言わんばかりにベッドルームからリビングルームに駆け出す息子達。皆、欲しかったもの、ツリーの下に見つけられたかな?



サンタさんから長男にマリオのLego
サンタさんからママに Loaf Dish 
三男には、Jake & the Neverland Pirates
海賊船バッキー
New Toyに夢中になる3人
パパには、Oakleyのフラノシャツ
次男には、キャプテンアメリカ
プレゼントを空けて少し遊んだあとは、おじいちゃんおばあちゃんの家へブランチをいただきに行きました。そこでも、サンタさんやおじいちゃんとおばあちゃんからのクリスマスプレゼントに大喜び!
  
 
  クリスマスディナーは、従姉弟のお家でご馳走になり、そこでも叔父さんや叔母さんにクリスマスプレゼントをいただきました。 家族揃って、ゆっくりとした楽しいクリスマスを過ごすことが出来ました。



2012年12月25日火曜日

Boys Night out with Charlie

(チャーリーと夜のお出かけ)
チャーリーとの最後の夜は、Rancho Santa Margarita のキャンディーケインレーンへ、クリスマスライトを見に行きました。 チャーリーに触れるとマジックが消えてしまうので、今まで触れなかった息子達。今日は最後の日だと言う事で、触れることを許してあげると、ナンと皆予想以上に嬉しそう!
ギューッと抱きしめたり、寒くないかと話しかけたり、それぞれの家のクリスマスライトのディスプレーの感想を聞いたりして、気のせいかチャーリーも普段以上に嬉しそうな表情。

We went out to Candy Cane Lane in Rancho Santa Margarita neighborhood to see Christmas lights with Charlie.  We wanted to take him out to somewhere special on his last day at our house.
The boys couldn't touch Charlie during this entire stay as the magic goes away if children were to touch "the Elf on the Shelf".  As it is his last day with us, I allowed them to touch Charlie.
They were so happy to be able to touch Charlie. . .  way more than I expected.  They were taking turns to hold Charlie while we were out on the Candy Lane.  They were hugging him, asking him if he was too cold, asking him what he thought of the Christmas light display by each residence in the neighborhood.   With my sons being so interactive with him, Charlie seemed happier than usual.


 
 
 

 
 

帰宅後は、おやすみなさいの時間に。 ということは、チャーリーとのお別れの時が来たということなのです。 ビタースイートなこの瞬間。 最後にチャーリーを抱きしめて、”いろいろと有難う。また戻ってきてね。バイバイ。”と優しく言葉をかけてさようならをしました。長男は、少し心配な様子。チャーリーを来年も家に送くってもらう為に、サンタに手紙を書くといって筆を取りました。

When we came home, It's time to go to bed which means it's time to say final "Good-bye" to Charlie until next year in November.  The bitter sweet moment had come. . .My sons look so sad but hopeful that Santa will send Charlie back to us next year again.   They all gave Charlie a tight bear hugs while they were saying, "Thanks for everything, Charlie.  Come back to our house again next year. Bye, Charlie". My eldest even started to write a letter to Santa asking him to make sure he takes good care of Charlie in North Pole and be extra sure to send Charlie back to our family.

Christmas Eve Check List

(クリスマスイブのチェックリスト)
Today is December 24th. . .  Christmas Eve.  Besides celebrating the birthday of Jesus Christ, we've got important things to take care of. . . before we go to bed.

Got some fresh organic carrots -  Checked!
You would never know the rein deers could be hungry when they stop by tonight.

Made some cookies - Checked!
Hopefully Santa won't be sick of eating cookies by the time he gets to our house.


We hope Dasher, Cupid, Prancer, Vixen, Rudolf, Dancer, Comet, Blitzen, Donner, and Santa will be happy with the snacks we prepared for them.

Merry Christmas!


2012年12月24日月曜日

久しぶりで、楽しかったわ。

今日は、サンペドロに住むお友達の家に、家族揃って遊びに行きました。
東京生活を終え、つい最近カリフォルニアに戻って来たSファミリーとは、2年ぶりの再会。

最初はちょっと人見知りをしていたH ちゃん。
ロフトの大きな窓から入ってくる暖かい冬の日差しと、海からのそよ風に当たりながら時が経つに連れ、徐々にハートをオープンしてくれました。

友達Sちゃんの手作りのピザとアペタイザーディッシュで、Pinot Noir も美味しくいただいてきました。  楽しかったです。素敵なおもてなし、有難う!